インディーズライフ-indieslife

J-POPだけがmusicじゃない- ジャンルにとらわれないインディーズmusic- 新たな世界をお届けします-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

REACH 「TRICHROMATIC」

TRICHROMATIC TRICHROMATIC
REACH (2000/12/06)
トイズファクトリー
この商品の詳細を見る


元SHERBETの渡辺、元GREEN GIANTの大久保、元DAMAGEの柏倉によって結成されたバンドREACHの1stフルアルバム「TRICHROMATIC」。メインボーカルを担当するのは渡辺であるが、大久保、柏倉それぞれが担当する曲もあります。つまり全員がボーカルを担当するというところがこのバンドの大きな特徴です。REACHと言えば単独初音源である1stミニアルバム「A DISC FULL OF SIGNS」を発売すると同時にその名を世に知らしめた。このミニアルバムのサウンド自体はものすごく勢いがあり、まさにメロディックパンクそのもの。めちゃめちゃかっこよかった。
そんな印象を受けた1stミニアルバムに比べ今回のアルバムはエモーショナルな仕上がりになっており、もしかすると少しがっかりしたファンも多かったのではないかと...正直、僕自身も最初に聴いた時は「あれ?」と思いました。それだけ1stミニアルバムの印象があまりにも強かったのだと思います。しかし今回のこのアルバム聴けば聴くほど味が出てきて気づいた時にはすごくはまってました。ものすごく細部にわたりこだわって作られており完成度の高さを思い知りました。
おすすめはM1-ABOVE THE SKY 、M2-NO ENTRANCE 、M7-FIND ME 、M9-THE WALL M12- TAKES ME BACK。
その後RECHは大久保の脱退により新たに元Popcatcherの美濃と元FUNSIDEの北川を迎え4人体制をとり、音源も発売している。
しかし僕の中では間違いなくこのアルバム「TRICHROMATIC」が最高傑作です

インディーズライフ☆ツブ
スポンサーサイト
2007/06/30(土) 21:50:26 メロコア トラックバック:0 コメント:0
<<LAST ALLIANCE 「DAZE&HOPE」 | ホーム | BIG-O&DJ WATARAI「Straight To Next Door」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://indiesmusiclife.blog107.fc2.com/tb.php/36-278d8cc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。